横河電機、インドで上下水道向けの統合監視システムを受注へ

横河電機株式会社の子会社であるヨコガワ・インディアは、インドのバンガロール上下水道局(BWSSB)より、同局がバンガロール市内に設置する中央監視センター向けSCADAシステムを受注した。

SCADAシステムとは、プロセスの監視と制御を行うシステム。BWSSBの管轄する浄水場、ポンプ場、貯水池、さらにはバンガロール市より150km以上離れたカーベリー川取水口から配水網への上水設備、下水処理場などを統合的に監視するもの。2015年5月に上水関連設備が稼働し、その後、順次機能を拡大していく。

バンガロール市は、急速な成長を遂げて外国企業が多数進出する一方、人口の急増により慢性的な水不足、断水に悩まされている。今回の中央監視センターでは、データに基づいた管理を行うことにより、水の供給の最適化を行う。

横河電機株式会社がインドで公共上下水道設備向けのシステムプロジェクトを受注したのは、今回が初となる。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ