東洋水産と味の素、インド&ナイジェリアに即席めんの合弁会社設立へ

東洋水産株式会社および味の素株式会社は、インドナイジェリアで即席めん事業会社を設立することで合意し、基本合意書を取り交わした。東洋水産の即席めん開発力と味の素のマーケティング力を組み合わせることにより、成長著しい新興国での事業展開を進める。

世界の即席めん市場は、2012年には1000億食を超え、平均伸長率も3%を維持するなど堅調な成長が続いている。特に中間層の購買力が高まっている新興国では伸長率が高く、インドでは平均伸長率22%、市場規模44億食、ナイジェリアでは平均伸長率7%、市場規模19億食となっている。この市場に食い込むため、両社は新しい事業会社を立ち上げることで合意した。

今回インドおよびナイジェリアで事業を展開するにあたり、東洋水産株式会社は、味の素株式会社の販売基盤およびマーケティング力を活用し、早期に市場に進出できる。一方、味の素は東洋水産の開発力により、同事業の競争力を強化することができる。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ