東洋エンジニアリング、インドで再ガス化設備受注へ

東洋エンジニアリング株式会社は、インドのペトロネットLNG社が同国西部グジャラート州ダヘジで計画中のLNG受け入れの能力増強計画の再ガス化設備を受注した。

東洋エンジニアリング株式会社のインド法人Toyo-Indiaが主体となり、設計から工事、試運転までを一括請負で実施する。LNG再ガス化設備の設置により、LNG受入能力は年産1000万トンから1500万トンに拡大する。プラントの完成は、2017年の初旬を予定している。

インド初となるLNG受入基地、ダヘジ基地は、2000年に石川島播磨重工(現IHI)、TOYO、伊藤忠商事、三井物産のコンソーシアムが年産500万トンのLNG受入設備の建設を受注し、2006年にはIHIとTOYOのコンソーシアムで受入能力増強プロジェクトを受注し、年産能力を拡大してきた。インドでは、電力需要の拡大に伴い多くのLNG輸入基地が計画されている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ