三菱重工メカトロシステムズ株式会社、インドのプラント補機メーカーに電気集塵装置技術を提供へ

三菱重工業のグループ会社である三菱重工メカトロシステムズ株式会社が、インドのプラント補機メーカー、Tecpro Systems Limitedに電気集じん装置技術を提供すると発表した。

同国内では現在、経済成長に伴う各種需要が増大しており、石炭火力発電所や製鉄プラントなどの建設が相次いでいる。それに伴い集塵装置の需要も高まっており、同社は協業によってグローバル展開を推進したい考えだ。

テクプロ社へ供与される技術は、電気集じん装置のEPC(設計・調達・建設)に関する技術。インド国内での発電用、産業用ボイラー向けのほか、製鉄プラントの生産プロセスなど、幅広い需要に対応する。

インドでは現在、第12次5ヵ年計画(2012~2017年)のもと、発電所や製鉄所の建設ラッシュが続いている。環境規制も強まっており、高い性能を持ち、しかも環境負荷の少ない電気集塵装置が求められている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ