タマネギがインド政府を脅かす!?トラック乗っ取り事件も

現在、インド政府タマネギ高騰に頭を抱えていると言う。

数多くのインド料理にも使用されており、われわれ日本人にとっても身近な食材「タマネギ」。しかし、このところインドでは品不足によって価格が高騰しており、1キログラムで80ルピー(約122円)にもなっていると言う。インドでは現在も多くの人が一日当たり2ドル(約194円)で生活しており、数週間以内には1キログラム100ルピー(約153円)を越えるとの見通しもある。

インドの主要なタマネギ生産地であるマハラシュトラ、ラジャスタンなどの地域は干ばつで生産不足に陥っている。政府も価格抑制のための努力はしているが、価格は下がらない。18日にはインドの主要幹線道路でタマネギを載せたトラックを男3人組が襲うという事件も起きており、事件があったシャープラの警察は「トラックの乗っ取り事件はあるが、食糧が標的になることは珍しい」と話しているという。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ