スズキ、インドに四輪車生産会社を設立へ

スズキ株式会社が、2014年1月28日の取締役会で、インドに子会社を設置することを決定した。

現在、インドでは中間層の拡大によって四輪車の需要が飛躍的に跳ね上がっている。スズキ株式会社は四輪車の生産能力確保のため、同社が全額出資する四輪車の生産会社「スズキ・モーター・グジャラート社(SMG)」を設立すると発表した。

SMGは、グジャラート州に工場を設置する。投資額は約500億円で、新会社の設立は2014年4月、工場での生産開始は2017年をめざしている。代表者は 相澤直樹氏(スズキ株式会社 取締役専務役員)

設立直後、工場の生産能力は年間で約10万台となる見通しだが、その後段階的に生産力を増強する。また、マルチ・スズキ社と生産委託契約を締結して、輸出を含めた自動車の販売はマルチ・スズキ社が行う。今回の新会社設立が2014年3月期の業績に与える影響は、軽微となっている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ