りそな銀行 インドルピーなど3通貨の海外送金を取り扱い開始

りそな銀行が、現在急速に発展しているインド・インドネシア・フィリピンの3カ国の通過(インドルピー・インドネシアルピア・フィリピンペソ)について、2013年3月26日より海外送金の取り扱いを開始すると発表した。

現在同社は米ドル、ユーロ、豪ドル、ポンド、ニュージーランド$、ノルウェークローネ、中国人民元、シンガポールドルなど計14カ国の通貨を取り扱っており、今回の取り扱い開始によって通貨は17種類となった。

これらの通貨の送金については、それぞれの現地通貨国(インド・インドネシア・フィリピン)において適用されている通貨規制ルールが採用されるという。そのため、送金を検討している場合には、事前に取引店に確認を行うのが望ましい。

また、りそなWeb外為サービス、EBサービス、送金登録サービスによる取り扱いには対応していないという。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ