ピジョン子会社、インドに新工場建設へ

ピジョンの連結子会社、「PIGEON INDIA PVT.LTD.」が、インドに新たに生産工場を建設すると発表した。

同社グループは、2011年3月に「第四次中期経営計画(2012年1月期~2014年1月期)」を発表。その中で育児用品、女性ケア用品などの海外市場における事業展開を中心とした成長拡大を目標に掲げており、その具体的な方策として、中国や北米のほか、インドでも新規市場の開拓に取り組んでいく。

インド市場については、2009年11月にムンバイに販売子会社を設立。情報収集やブランド構築などのための事業を行ってきたが、今回現地生産のため、デリー近郊に生産工場を設置した。工場は敷地面積約12000平米、建屋面積3000平米、延べ床面積5000平米で、2013年10月の着工を予定している。

投資金額は約10億4000万円。2015年以降の操業を目指している。主な生産製品はシリコーン製乳首、プラスチック哺乳瓶など。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ