NTTコミュニケーションズ、インド8番目となる「インド バンガロール 2 データセンター」を建設へ

NTTコミュニケーションズが、グループ会社のNetmagic Solutions Private Limitedを通じて、2013年5月22日より、インド国内では8箇所目となる「インド バンガロール 2 データセンター」を建設開始する。

本データセンターは、バンガロールの工業団地「エレクトロニック・シティ」にてサーバールーム約4600平米を確保。2013年12月より、サービスの提供を開始する。これにより、同社グループがインドで保有するサーバールームの総面積は、約1.5倍にまで拡充される。

インドは現在経済成長が著しく、バンガロールでは流通業やIT企業などの企業進出が加速しており、それにともないデータセンターサービスの需要も急速に拡大している。本データセンターの特徴はシステム拡張への柔軟な対応ができることと、セキュリティの充実化による高い信頼性だという。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ