ミス・アメリカにインド系女性が初の選出、将来は医師志望

2013年のミス・アメリカ最終選考会が9月13日に行われ、インド系女性が初めて選ばれた。

ミス・アメリカに選ばれたのは、ニューヨーク出身の女性、Nina Davuluri(ニーナ・ダブルリ)さん。ニューヨーク出身の女性が選ばれるのは2年連続で、初めてのインド系女性選出となった。

ダブルリさんはミシガン大学で優秀な成績を収め、脳科学分野を専攻。父は産婦人科医であり、30年ほど前に移民としてインドからやってきたという。

ダブルリさんは選考で、インドの民俗舞踊を披露するなどした。今後1年間はミス・アメリカとして活動。科学技術教育推進キャンペーンに参加するほか、かつて肥満に苦しんだ経験から、健康的な生活にも興味を抱いているという。

Twitterには初めてインド系女性が選ばれたことに対する不満を持つ人たちの人種差別発言が流れた。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ