三井住友海上のインド現地法人、「総合的に最も優れている保険会社」に選ばれる

三井住友海上のインド現地法人、チョラマンダラムMSジェネラル保険会社(チョラMS社)が、総合的に最も優れている保険会社として認められ、Best Performing Insurance Company Awardを受賞した。

チョラMS社は、インド有数の財閥であるムルガッパグループと合弁で設立した、三井住友海上のインド現地法人。日系企業の他、現地の顧客とも積極的に契約を結んでおり、直近の5年間で増収率が平均で34%を記録するなど、順調に事業を拡大している。

今回の受賞理由は、チョラMSが、貧困世帯を対象とした州政府医療保険「RSBY」の販売をしている州政府から、普及活動や迅速な保険金支払い対応、苦情対応で優れた対応を実施していることが認められた、というもの。RSBYは2012年には3500万世帯、1億1000万人が加入しており、現在インドで急速に普及が進んでいる

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ