シンガポールのインド人街で暴動騒ぎ、27人が拘束

12月8日、シンガポール中心部のインド人居住地「リトル・インド」で、400人以上の群集が物を投げる・車に放火するなどの暴動を起こした。警察は暴動にかかわったとみられる27人を拘束した。

シンガポール警察の発表によれば、暴動のきっかけは同地区内で起きた交通事故だという。交差点を渡ろうとしたインド人男性(33)が、バスの下敷きとなって死亡した。そして、それを助けようとした救急隊員が、暴動に巻き込まれた。バスの運転手や車掌、警官ら18名が、暴動により負傷した。警官や軍兵士ら300人が出動し、暴動は鎮圧された。

リトル・インドは、シンガポールの外人街で休日はインドやバングラデシュ出身の労働者でにぎわうという。インターネット上には、当時の暴動を収めた動画もアップロードされている。シンガポールで大規模な暴動が起きたのは、1969年の中国系住民とマレー系住民の衝突事件以来、実に44年ぶりだという。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ