インド版巨人の星がニコニコ動画に逆輸入

日本とインドが初めて協力して作ったアニメ「インド版巨人の星」こと「スーラジ ザ・ライジングスター」が、8月1日よりニコニコ動画で配信されることが明らかになった。

インドでは2012年に放映された本策は、日本のスポ根漫画「巨人の星」を原案としている。舞台は日本ではなくインドの巨大都市ムンバイで、取り組むスポーツもインドにとって馴染みの薄い野球ではなく、広く知られているクリケットに変更されている。

主人公はヒンディ語で「太陽」を意味するスーラジ。彼の父、シャームはクリケットの元インド代表候補であり、自分の果たせなかった夢をスーラジに託すため、幼いころから厳しい特訓を課している。巨人の星では広く知られた、ちゃぶ台返しや大リーグ要請ギプスなども描かれているという。

配信は約1ヶ月にわたって行われ、9月5日からは全話通しての無料視聴も可能になるという。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ