インドのシン首相、日本の防衛を評価

2014年1月6日、インドシン首相小野寺防衛大臣は、インドの首都であるニューデリーで会談を行った。シン首相は、安倍総理大臣の掲げる世界の平和と安定に積極的な役割を果たす外交・安全保障政策について理解を示した。

会談は非公開で実施された。小野寺防衛大臣は、軍拡を進める中国に対して日本が自制的に動いていることを説明。シン首相は、「日本の姿勢を評価する」と述べた。そのうえで、小野寺防衛大臣は、安倍総理大臣が掲げる「積極的平和主義」について説明し、シン首相も理解を示した。

また、シン首相は、日本がインドに売り込みをかけている国産のUS-2救難飛行艇について高い関心を示し、小野寺防衛大臣はそれを受けて今後輸出を実現するためにインドの担当者に日本に訪れてほしいとアピールした。

また同日、小野寺防衛大臣は、インドのA.K.アントニー国防大臣とも会談し、US-2救難飛行艇についての会合を日本で行うことを提案した。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ