HSBCホールディングス 10月におけるインド製造業PMIが上昇で雇用拡大へ

2014年11月3日、HSBCホールディングスは、インドの2014年10月における製造業PMIは前の月に比べて小規模ながら上昇していると発表した。

PMIとは、購買担当者景気指数のことであり、PMI数値が50.0を下回ると悪化していると見られている。しかし、今回は51.6であり、2014年9月の51.0を上回った。数値上昇により、雇用が拡大していることを示しており、製造業の需要が増えていると読み取れる。

HSBCホールディングスのアジア経済のリサーチを担当しているフレデリック・ニューマン氏によれば、海外からの受注が増加し生産も拡大、製造業の活動が活発になっているとのことである。投入コストの伸びは、1年5ヶ月ぶりに水準を下回ったが、新規受注指数は53.0と上昇を続けておりその分生産価格は上昇している。

このまま上昇が継続される可能性があるとニューマン氏は現在の流れを読んでおり、インドの中央銀行であるインド準備銀行が景気過熱を抑制するために国籍を売却したり政策金利や預金準備率を引き上げるなどの金融引き締め政策を今進めることは少し様子を見てからのほうが良いだろうとコメントしている。なお、雇用指数は2014年6月以来50.0を上回ったのは初めてである。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ