ホンダ、インドで二輪車第四工場を建設へ

ホンダのインド生産販売子会社であるホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアプライベート・リミテッドは、2014年2月5日にインドにおける第四工場の建設を決定したと発表した。

第四工場は、インド・グシャラート州アーメダバード地区に建設される。取得した用地は、約80万平米。初期投資額は、約110億ピー(189億円)となっている。生産開始は、2015年度秋を予定している。

コンパクトで環境負荷の少ない組み立てライン2本を持ち、生産能力は年間120万台となっている。工場では、主にスクーターなどの二輪車を生産し、3000人の雇用を生む見通しだ。

今回の新工場建設によって、2016年には年間生産能力が現在の460万台から580万台にまでアップする見通しだ。

インドでは二輪車市場自体は停滞期を迎えているが、ホンダは販売台数を27%アップさせ、シェア22%を獲得するなど好調が続いている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ