日立金属、インド自動車鋳物製造会社子会社化へ

現在、日立金属株式会社は、技術販売で提携しているインドの自動車鋳物製造会社を子会社化して、自動車用鋳物の高靱性ダクタイル鋳鉄HNMの生産、及び供給を行うことにした。

インドの自動車生産台数は、2013年現在は390万台だが、2020年には700万台突破が予想されるなど、高い成長率が期待されており、多くの外国企業が進出してきている。日立金属も需要増加に対応するため準備を進めており、2013年2月には南陽金属とともにインドのRPS VIKAS Castings Pvt.Ltd.およびGarima Vikas Metals Pvt.Ltd.と提携を行った。

この度、さらに生産・供給体制を構築するために、両者の子会社化を決定した。子会社化に当たっては、南陽金属とHitachi Metals Singapore Pvt.Ltd.が両者に資本参加し、日立金属グループから51%を出資する。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ