ゼネラルモーターズ インドでの自動車生産とシェア拡大に意欲

アメリカのデトロイトに本社を置く自動車の大手、ゼネラルモーターズ(GM)のアジアでの生産拠点がインドへと移行する可能性がでてきた。

現在ゼネラルモーターズ(GM)のアジア生産拠点は韓国となっているが、近年の人件費が高騰しているにも関わらず、生産性がさほど上がらない等、生産拠点としての資質に疑問を感じる状態となっていた。

一方インドは、韓国よりも人件費が安価であり、自動車をはじめ様々な分野の工場が今後の生産拠点へと注目している国である。また今後、自動車販売台数も伸び、世界有数の市場へと成長すると期待されている。

ゼネラルモーターズ(GM)は今後、インドでの自動車生産に力を入れるとともに、現在2パーセントに満たないインドでのシェアを5パーセントまで引き上げたい意向だ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ