エーザイ、インドで新規抗がん剤発売へ

エーザイが、インド子会社であるエーザイ・ファーマシューティカルズ・インディア抗がん剤の「Halaven」(一般名:エリブリンメシル酸塩)を発売したと発表した。

「Halaven」は同社が独自に開発した新規抗がん剤の一種。現在は日本、米国、欧州など50カ国以上で承認を取得している。インドでは2013年4月、「アントラサイクリン系及びタキサン系抗がん剤を含む少なくとも2種のがん化学療法による前治療歴のある局所進行性・転移性乳がん」に係る適応で、承認を得た。

現在、インドでは毎年約11万5000人の女性が乳がんと診断されている。女性の乳がん患者数は2020年までに子宮がんを抜いてトップになると予測されている。インドでは診療や治療の遅れなどから、乳がん患者の致死率が欧米と比べて高く、その原因には経済的な理由もあるという。

そのため同社は、「Halaven」を必要とする者が、所得にかかわらず治療を受けられるように、患者の所得水準から負担価格を設定する「ティアードプライシング」を導入するという。場合によっては無償での提供もあるとのこと。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ