インド・パキスタン料理を展開するシディークエンタープライゼズ、「パキスタン・ジャパンフレンドシップバザール2013」に参加

本格的なインド・パキスタン料理を中心に多国籍レストランを展開する株式会社シディークエンタープライゼズが、4月27日、28日に上野恩賜公園で開催される「パキスタン・ジャパンフレンドシップバザール2013」において、ハラール食品約60品目の展示を行う。

ハラール食品とは、イスラム教徒が教義上口にしても良いと定められている食品。現在、日本の世界人口の約4分の1はイスラム教徒から構成されており、彼らが口にできるハラール食品も注目を集めている。

同社は創業当時よりハラール食品の提供を行っており、本イベントでは、サイコロステーキや餃子など、誰にでも馴染みのある各国料理を、レトルト、及び冷凍食品で提供する。レストランブースでは、タイやベトナム料理、洋食、中華など、ハラールに対応した料理を販売する。28日には山由紀夫元総理大臣、小泉俊明元衆議院議員らも参加する。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ