デンソー、インドでメーター事業を強化へ 現地企業に出資

自動車部品・アフターマーケット製品を扱う株式会社デンソーが、インド国内でのメーター事業拡大のため、インドの大手自動車部品メーカー プリコール社の子会社で乗用車用メーターの設計、製造、販売を行うプリコール・コンポーネント社に4月23日、出資を行った。出資比率はデンソー51%、プリコール49%。

プリコール・コンポーネントは、4月22日に事業を開始したばかりの乗用車メーターメーカー。資本金は1億ルピー(1億8000万円)、売上高は15万4000ルピー(27億円、2015年度)を見込んでいる。同社は今回のデンソーの出資に伴い、デンソー・プリコール・インド社に社名を変更する予定。

デンソーはインド、日本など世界9カ国で自動車用メーターを生産しており、2013年8月からはポーランドでもメーターの生産を開始する。世界各国に生産拠点を広げることにより、国際的な顧客対応力を強化していく。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ