ヤマハ発動機、インド市場向けのスクーター「CYGNUS α」発売へ

ヤマハ発動機株式会社は、2014年2月5日から開催されている第12回インド・オートエクスポ 2014に同国向けの115ccスクーター「CYGNUS α」を出店した。2月中に同国内で発売する。

「CYGNUS α」は、居住性や扱いやすさといった実用面と洗練されたフォルムを両立したインド市場向けのスクーター。エンジンには、「CYGNUS RAY」シリーズと共通のものを採用し、優れた乗り心地と経済性を受け継いだ。発進性と加速性に優れており、燃費も良好で、さらに足つき性にも優れている。フルフェイスも収納可能な収納力と扱いやすい軽量ボディも特徴。

現在、インドの二輪車市場は、1400万台強で世界最大。特にコンパクトで経済的なスクーターには近年急速に需要が高まっており、2011年に240万台だったスクーター市場は、2014年には360万台にまで成長する見通しだ。特にインドでは、スクーターを家族で共有することが多く、比較的大きめなファミリータイプのスクーター需要が高まっている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ