テラモーターズ 新型6人乗り電動三輪車が、2015年春にアジア販売スタート

2014年12月30日、東京都渋谷区にあるテラモーターズ新しく電動三輪車を発売すると発表した。

今回リリースされる電動三輪車は「R6」と呼ばれ、その名の通り一度に6名の人間を乗せて走ることができる、日本ではあまりお目にかかれないタイプの三輪車なのだか、1回の充電で約100キロもの走行を可能とする高性能ぶりである。これは約2年間かけてアジア圏で行われた同社のマーケット調査をもとに開発された。

かつて中国系メーカーが電動三輪車を販売していたものの、故障が頻繁であったり、モーターやコントローラー、バッテリーなどの交換をしようにも部品が普及せず満足にアフターケアがされていない状況があった。

この声を基に、慎重に部品の選定を行ない、インドで長期の走行テストなども行なって耐久性を高めた結果生まれたのが、この「R6」である。これは2015年の春に三輪車の需要が最も大きいインドやバングラデシュで販売を行ない、アフリカや中南米などにも輸出する予定である。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ