スズキ、インドのオートエクスポで新型小型車をお披露目へ

スズキのインド子会社であるマルチ・スズキ社は、2014年2月5日からインドのウッタルプラデシュ州グレーター・ノイダで開催されている第12回インド・オートエクスポに新型小型車の「CELERIO(セレリオ)」や、コンセプトIV「Concept CIAZ(コンセプト シアズ)」を出展した。

昨今、インド国内でも経済的な乗り物である燃費のよい小型車の需要が徐々に高まってきている。マルチ・スズキ社は、このような需要にこたえるため、低燃費で扱いやすい小型車「CELERIO(セレリオ)」をインド市場に投入すると発表した。

「CELERIO(セレリオ)」は、スズキの新トランスミッション「Auto Gear Shift(オートギヤシフト)」を搭載した小型車。K10エンジンの改良、高張力鋼版の採用、材料の見直しなどにより軽量化を実現し、低燃費を達成した。

一方、「Concept CIAZ(コンセプト シアズ)」は、2013年4月に初公開されたコンセプトモデル「Authentics(オーセンティックス)」のインド版。重厚なデザインが特徴だ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ