岸田外務大臣、クマール・インド首相対日関係大使と会談

日本の岸田文雄外務大臣が、訪日中のアシュワニ・クマール・インド首相対日関係特使と対談を行った。対談には城内実外務大臣政務官も同席していた。

岸田大臣は、クマール特使に対して就任を歓迎するコメントののち、天皇皇后両陛下がインドを訪問なさる今年は両国にとって特別で歴史的な年になると述べた。クマール大使は両陛下を国賓としてインドにお迎えすることは大変光栄であると返し、日印が引き続き緊密に協力していくことが大事だと述べた。

また、二国間の関係についてクマール氏と岸田大臣は、政治、安全保障、経済など幅広い分野での意見交換を行い、「戦略的グローバル・パートナーシップ」の発展を目指して協力していくことを確認した。

日印関係は日本にとってはもちろん、インドにとっても重要な関係。両国の調和ある発展が進むことを祈る。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ