インド東部で列車事故、37名が死亡

インド東部のビハール州ダマラガートの駅で8月19日、線路を横断していたヒンズー教巡礼者らが急行列車にはねられるという鉄道事故が起きた。女性や子供を含めた37名が死亡し、40名以上が負傷したという。

犠牲者の多くはヒンズー教寺院への巡礼者だった。乗っていた列車から降りて線路を横切った際に、急行列車が通過したという。鉄道会社の証言に寄れば、事故発生後、駅には群衆が押しかけ暴徒化。客車6台に放火し、駅構内に放火するなどして回った。また、群衆から暴行を受け、運転手一人が死亡したほか、別の一人が重傷を負って病院に搬送された。

警察当局に寄れば、ヒンズー教の巡礼者舘は接近する列車に気がついていない様子だったという。インド鉄道の理事会理事長は、事故を起こした列車には現場を通過する許可が出されていたという。事件の真相解明までは猛しばらく時間がかかる見通しだ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ