横浜でインド神話の特別展

横浜ユーラシア博物館(横浜市中区)で「華麗なるインド神話の世界 神々が結ぶインドと日本」が開催されている。公開は来年の1月14日まで。

これは日印国交樹立60周年を記念したものであり、日本初公開作品を含む約160点の絵画・彫刻・工芸品などが展示されている。

横浜では中華街があるように中国人の滞在人数は多いが、インド人の人数は少ない。しかし中華街のように見える形で集住しておらずあまり知られていないが、横浜港開港以来、インドと横浜は交流を深めてきたという歴史がある

今回の展示では横浜開港資料館と共催で「横浜におけるインド人の歩み」も実施されているので是非とも見てほしい。

見どころはインドがイギリス植民地時代の19世紀末、西洋画風に影響を受け、神々を写実的に描き絶大な人気を博したインドの有名画家のラジャ・ラビ・バルマの作品等だ。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ