日本生命、インド資産運用会社への出資を完了

日本生命は、今年1月19日に合意していたインドの資産運用会社リライアンス・キャピタル・アセットマネジメントの株式取得を完了したと発表した。同日、インドの証券監督機関による最終認可が完了した。

日本生命が出資したリライアンス・アセットは、受託資産残高でインド投資信託業界第2位の資産運用会社。既に日本生命は昨年にリライアンスグループ傘下のリライアンス・ライフ社に出資しており、同社グループとの関係を更に深化させるために、親会社への出資を決めたもの。なお、今回リライアンス・キャピタル・アセットマネジメントへの出資金額は発行済株式数の26%にあたる145億ルピー(約210億円)になるとしている。

また、日本生命はリライアンス・アセットに対して、今後取締役級の役員を派遣するなど、協働事業の推進を行っていくと同時に、相互の人材交流を20人規模から開始する予定だ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ