外務省、玄葉外務大臣のインド訪問の概要を発表

2012年4月30日、外務省は玄葉外務大臣のインド訪問、及び訪問中の第6回日・インド外相間戦略対話及び第1回閣僚級経済対話の実施概要を発表した。

第6回外相間戦略対話は、現地時間4月29日に実施。玄葉外務大臣はクリシュナ・インド外相と会談を行い、日印の戦略的パートナーシップ強化を合意。インド側からは、次官級2+2対話の早期実現の希望が提示された。

また、更に海上の安全保障について協力関係を強化するため、事務レベルの「海洋に関する対話」の開始について合意に至った。

玄葉外務大臣は東アジア首脳会議(EAS)を地域の共通理念、海洋の安全保障などの協力について話し合う首脳主導のフォーラムに発展させたい意向を示した。この点についてはインド側も合意し、両外相は協力していくことで一致した。

その他、海上の安全保障に関する協力と日印間の共同訓練、サイバー攻撃、宇宙開発、日インド原子力協定交渉、レアアースの共同開発について双方の意見を交換。日印間の協力体制構築を確認した。

第1回閣僚級経済対話は4月30日に実施。玄葉外務大臣(議長)、枝野経産大臣、自見金融担当大臣、松崎総務副大臣、五十嵐財務副大臣、奥田国交副大臣、高山環境大臣政務官が出席。情報通信技術(ICT)、金融、エネルギー分野での日印間での協力。グジャラート州 の海水淡水化案の調印。インドのインフラ整備についての改善に方策について話し合いが行われた。

また同日、玄葉外務大臣、枝野経済産業大臣、自見金融担当大臣、松崎総務副大臣、五十嵐財務副大臣、奥田国土交通副大臣、高山環境大臣政務官はシン首相に対する表敬訪問を行った。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ