国内航空会社 好感度調査でインディゴが首位に

アメリカ大手旅行サイトであるトリップアドバイザーがインド人旅行者を対象に「国内航空会社に関する好感度調査」を行った。この調査は毎年行われているが、今年は格安航空会社であるインディゴが首位を獲得した

「機内サービス」「安全性」「公式ウェブサイトの充実度」などの項目でインディゴなど競合を抑えて最も高い評価を得たジェット・エアウェイズがわずかな差で2位に選ばれた。

また、昨年は首位を獲得したが、現在はインド当局から業務停止命令を受けているキング・フィッシャー航空について、「本格的な業務再開は可能だと思う」と回答した人が74%に達した。最下位は3年連続でエア・インディアが選ばれた

キング・フィッシャー航空は従業員に対する給料の未払いが続いたため、今年10月1日より一部の従業員がストライキに突入した。これに対し会社側が従業員のロックアウトを行ったところ、国内線も含めた全便の運行がストップしたという状態だ。運行再開の目処が立たない状況が続き業務停止命令を受けている。
 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ