マルチ・スズキがインドで新型「アルト800」を発表

日本の自動車メーカースズキのインド現地法人マルチ・スズキは16日、インドで人気の高い車種「アルト」をアップデートして、「アルト800というシリーズとして発売開始したことを発表した。

「アルト」の刷新は初めてで、「800」は排気量の800ccから名付けられた。発売価格は24万4000ルピー~(日本円で約36万円~)となっている。

以前の「アルト」と比較し、ガソリン燃費が約15%改善したほか、トランスミッションや、サスペンションを改良した。既に「アルト」はインドの普通自動車市場では最もシェアの高い車種となっており、昨年は約31万台を売り上げている大人気車種。さらに広い顧客層をターゲットにするため、インド仕様を強くしたアップグレードとなっている。なお、今後はブラジルやアフリカなど中南米にも輸出する予定だ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ