ホンダ、インド産 新興国専用車「ブリオ」をアフリカに輸出

日本が誇る自動車製造販売会社であるホンダは、インド国内でで生産している新興国専用車ブリオ」をアフリカ地方に輸出し始めたと発表した。

すでに同社では、2013年3月期に約1700台、14年3月期には4000台を輸出する計画が決まっている。新興国をターゲットとした専用車「ブリオ」は他車に比べて非常に低価格であり、この車種をアフリカ地方に輸出することで、同社はアフリカ圏に新たな市場を開拓していく方針だという。

同新興国専用車は、日本円にして約100万円以下に販売価格を抑えた新興国向けの戦略車種で、インド国内では11年9月に発売し、その後高い売り上げを誇り、ネパールなどに販売地域を広げている。今回新たに南アフリカ共和国に投入。今後、タンザニアやケニアなどのアフリカ圏にも販路を広げていく計画だという。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ