ホンダ、インド国内にエンジン工場を新設へ

日本の大手自動車メーカー、ホンダが、インド国内でディーゼルエンジンを利用する自動車専用のエンジン工場を新設する方向で検討していることが明らかとなった。

新設を検討している向上はディーゼルエンジン専用の工場となり、同社の「シティ」や「ブリオ」といった車種への搭載を予定している。

インド国内では、ガソリンに対して軽油の価格が比較的安価で推移しており、低所得者層を中心にディーゼルエンジンを利用した自動車が人気を呼んでいる。ホンダはこれまでガソリン車の販売に集中していたものの、ディーゼル車の販売に力を入れてきたスズキなどの躍進もあって販売シェアが低下しており、ディーゼル車の導入によってインド市場におけるシェア奪還を狙う予定だ。

なお、新開発するディーゼルエンジンは排気量が1500cc前後となる見込みで、小型車の開発も予測されている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ