パキスタンがカシミール地方でインド軍と戦闘、3人死亡

インド国防省が16日に公式に発表した内容によれば、パキスタン軍による銃撃で、カシミール地方の民間人少なくとも3人が死亡したという。現時点までにパキスタン側はこの件について確認していないとしており、特にコメントも発表していない。

カシミール紛争は第二次世界大戦以降から紛争地域として、インドやパキスタン、それに中華人民共和国などによって紛争がたびたび起きており、特にカシミール州ではこれまでに数千人単位の軍人が死亡している。今回のケースでも、インドとパキスタンの両国が緊張関係になることが予想されている

これまでほとんどのケースで両国は紛争の開始において報復から始まっており、死傷者の数がさらに増える場合や、今後のパキスタン政府の対応によっては、更なる軍事行動が始まる可能性も否定出来ないため、今後も注意して状況を見守りたい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ