ダイムラー社子会社、インドで「バーラト・ベンツ」中型車両を生産へ

ダイムラー社100%子会社のDaimler India Commercial Vehicles Pvt.Ltd.(DICV)は2月20日、インド・チェンナイ近郊のOragadam(オラガダム)工場において、「BharatBenz(バーラト・ベンツ)ブランドの中型トラックの生産開始式典を実施した。式典には政府関係者、顧客などを招いた。

三菱ふそうトラック・バス株式会社は、DICV社に対して車両の生産開発のサポートを実施しており、今回の車両は小型トラック「キャンター」の運転席、中型トラック「ファイター」の足回りを活用している。同車両には4D34型4気筒ディーゼルエンジンを搭載しており、車両総重量は9tの914Rモデル、車両総重量12tの1214Rモデル、および1217Cモデルの建設仕様の3機種で構成されている。

同社は企業ビジョンの「FUSO 2015」において、「海外事業の収益性改善」を活動の柱として取り組み、2015年までに「販売台数を年間20万台まで増加」を目標にしているという。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ