クレディ・スイスが インドGDP伸び率を下方修正

スイスの大手銀行クレディ・スイスは、インドのGDP伸び率をこれまでの予想より大幅に下方修正した。

新たに設定されたGDP予想伸び率は、2012年~2013年の数値で6%(前回予想6.5%)、2013~2014年度の数値も7.8%から7.2%に下方修正した。

クレディ・スイスでは同時にインドの政策金利についても見通しを発表しており、2012年度は、来月に予想されている50ベーシスポイント程度の引き下げを含めた数値として、合計125べーシスポイント以上引き下げられるとしている。

クレディ・スイスは同社が発行した最新のリサーチノートで、インド政府が新たに発表した金融政策について評価しており、「インド政府の新たな金融政策が、効果を出すまでの時間差を鑑みれば、金融緩和の影響が出てくるのは2013~2014年度よりも2014~2015年度頃になるだろう」としている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ