インドでの蚊の大量発生が問題に

最近インド国内で蚊の大量発生が大きな問題となっている。地元紙の『 Times of India(タイムズ・オブ・インディア)』によると25日、 インド首都、ニューデリー近くのF1インドGP開催地インドブッダ・インターナショナル・サーキットで、マクラーレンのジェンソン・バトン選手が報道陣と談笑中に蚊を一匹退治した。

バトン選手は「げっ、蚊をたたいちゃった」と笑っていたが、同紙はバトン選手がその蚊に刺され、「デング熱」(蚊によって媒介され感染症で、命に危険を冒す可能性がある)にかかってしまったら笑っている場合じゃないと指摘をしている。

同紙はマクラーレンとウィリアムズが宿泊するマユール・ビハールのホテルにおいて「蚊の大群が出迎えた」とも伝えた。

タイムズ・オブ・インディア紙によるとニューデリー地方では蚊による感染症が何100例と報道されていて、「懸念を高めるインド政府は火曜日に地方自治体にフォギング対策をこうじるよう指示した。」と伝えている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ