インド ハイデラバードで「COP11」が開幕

世界動植物の生態系の保全方法などについて話し合う、生物多様性条約第11回締約国会議(COP11)が8日、インド南部ハイデラバードで開幕した。

10月19日までの会期で開かれているCOP11では、2010年に愛知県名古屋市で開かれた前回のCOP10で加盟国によって採択された、生態系保全の世界共通目標愛知ターゲット」について、各加盟国の進捗状況を確認していく他、先進国が途上国の生態系をどのように守っていくかという方法や、資金援助の具体的な方策について討議していく予定だ。

今回のCOP11には、過去最大の193の国と地域が加盟しており、各国の政府関係者ら計1万人以上が参加している。各作業部会で討議を行った後、取りまとめを各国の代表が参加して行う予定で、最終協議(16~19日)に日本からは長浜環境相が参加する予定となっている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ